読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャムボ鶴犬

ご自由にどうぞ チーズを召し上がれ

プリレスリング・ノア 破産? 事業譲渡? 身売り? 「経営悪化は、三沢光晴が死去してから」という報道の大きなウソ

プロレスリング・ノアは、ブランドの名前として残っているのでしょうか?

なんか、身売りとか、事業譲渡とか、そういうビジネスのカラクリか何か

詳しいことは、わかりませんけど

いま現在、プロレスのノアを運営している会社は

 

ノア・グローバルエンタテインメント 株式会社

 

です。

 

つまり、こういうことかしら?

 

身売り騒動が出る前までは、

ノアは、株式会社プロレスリング・ノア という企業が

プロレス団体を運営したり、興行を主催したり、興行権をプロモーターに

買ってもらったりしていたけれど

 

「事業譲渡」をしたので(=身売りをしたので?)

その、運営は、ナントカっていうIT企業に移って

でも

株式会社プロレスリング・ノア

という企業は残っていたんだけど

借金まみれで破産した、って、帝国データバンクが発表したの?

 

もう、こういう記事をブログで書かせないで欲しい。

だって、わたくしは、アタマがよろしくないので、株式とか、譲渡とか身売りとか

破産とか、よくわかりませんもの。

 

で、ここからが、本題です。

 

「ノアは、三沢光晴が亡くなって以降、経営が悪化した」という報道を目にしますけど

そんなの大ウソです。大きなウソです。

 

ノアは、三沢光晴が存命で、リングに上がって、戦っていたとき、すでに経営は悪化していました。

こう言い切れるのは、日本武道館大会のチケットが売れなくて、大量の招待券が出回っていました。当時のプロレスファンの間では有名な話です。

そう、yfc です。

武道館で、yfc の招待券の列に並んで、開場と同時に列が動きだし

実券(指定席券)と交換し、キレイな(三沢が好みそうな)お姉さんの前を通過し

そのまま、武道館に入るのです。

いちど招待券の「味」をしってしまうと、正規の値段の指定席券を買わなくなります。

だって、1枚、何千円もだして買うのがバカバカしいので。

 

バカバカしいのは、招待券で入場した人だけではなく、正規の指定席券を買った人たちも同じ。

例えば、2階指定(実質的には3階)の、前のほうの指定席が1枚5000円だとして

その列から、たった2列後ろ以降は、ほとんど招待券の連中だって知ると

もう、おカネだしてノアの指定席買うのが、アホくさ、ってなりますでしょう?

 

ノアのコアなファンは、「これは絶対」っていうときは、指定席をおカネだして買うんです。

例えば、小橋建太の、癌からの復帰戦とかね。

 

そういう時、yfcの招待券は、なかなか手に入らないし、招待券がネットオークションに出回って、高値がつきます。でも、招待券は、「絶対に指定席に交換できる」という

ホショウはないので、ドキドキしたことでしょうね、招待券の列に並んでいた人たちは。

 

招待券のはなしだけじゃなく。地上波テレビ放送の撤退です。

三沢光晴が生きていたときに、すでに、日本テレビの地上波放送の打ち切りが

決定し、実際、打ち切られたのです。

 

日曜の深夜(実質・月曜)の、30分くらい、なんとかしてくれてもいいじゃん

日テレなんだし、って思ったものですが、そんなに甘くないんですね。

その最後の地上波放送の、最後の最後に画面に映っていたのが潮崎豪選手です。

 

ノアが頼んだのか、日テレがそう決めたのか知りませんが、ノアは、潮崎豪

託されたのです。

実際、三沢光晴の最後のパートナーは、潮崎豪でした。

 

しかし、数年後、潮崎はノアを離れます。潮崎はノアをやめます。

潮崎はノアを離脱します。潮崎はノア退団します。潮崎はノアとの契約を満了し

契約に違反しないで、フリーランスの身になります。

 

ただし、潮崎1人で、ではなく、先輩や仲間レスラー数人と、です。

(しかし、そのまた数年後、潮崎はノアに、のこのこと、復帰します、1人で)

 

三沢光晴が生きていた頃から、経営は悪化してたよ、っていうことを書きたかったこの記事ですが、三沢が生きていたら、潮崎らの離脱はなかったでしょうね。

 

三沢の死去。

潮崎や、秋山準らの人気レスラーの退団と、小橋建太の引退とか、KENTAの退団。

たび重なる、暴露本の発売。。。

 

これで、ノア信者、ノアオタク(通称:ノアヲタ)は、ノアの会場に足を運ばなくなりました。

日本武道館でも興行を打てなくなりました。東京ドームなんて、無理に決まっている。

 

イケメンでハンサムな潮崎が復帰したり、正式所属選手に返り咲いても

ノアヲタは、戻ってきません。

 

こないだの大会の入場者数は、161人ですよ。161人。そりゃ、ハコが、180人規模のホールなら、驚きませんけれど。

あそこ、定員何人なんでしょう? 海峡メッセ下関って。

 

えーと、整理するのが面倒なので、大雑把にまとめます。

 

「強引にチーズまとめ」

 

プロレスノアの経営が悪化したのは、三沢が亡くなって以降という報道は、真実ではない。

(そういう記事を書くスポーツ新聞の記者は

現場でまじめに働いてないか、取材していないか、が、よーくわかります)

 

だけど、三沢が生きていたら、こんなにヒドく、嘆き悲しむ団体にはなっていなかった。

だって、三沢光晴は、すごい人だから。

(敬称略)

 

 

 ジャムボ鶴犬

Number PLUS プロレスに殉じた男 三沢光晴

Number PLUS プロレスに殉じた男 三沢光晴