読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャムボ鶴犬

ご自由にどうぞ チーズを召し上がれ

かわいい 伊達公子・・・・春がきて君は、かわいくなった

テニス選手の伊達公子さんが、かわいいです。美人でもあるのでしょうけれど

かわいいです。かわいかったです。かわいらしかったです。

 

先月の地上波テレビの「炎の体育会TV」という番組に出演していました、伊達選手が。

離婚したこともインターネットの文字で知ったし、その後、動いている伊達公子さんの顔や姿を、しばらく見ていませんでした。

 

ですから、炎の体育会TVで、久しぶりに見ました、伊達公子さんの動いてる姿や

顔や声を。(声は「見る」ではなく「聞く」ですけれど)

 

久しぶりに伊達さんのお顔を見たら、「かわいい」って思ってしまいました。

年齢から考えても、若返ったように見えました。

記憶では、ピンク系の色のウェアを着ていました。それも影響して、かわいさが倍増して見えたのかもしれません。

さらに男性の出演者に囲まれていたので(しかも、みんな一流アスリートばかり)、なんていうのでしょう。そのー、女子のホルモン? フェロモン? が出ていて、それがテレビ画面越しに伝わってきて、かわいらしく見えたのかもしれません。

 

でも、それらは、伊達さんがかわいく見えた本当の理由ではありません。サブ的な理由にすぎません。

断言しちゃいます。

 

かわいく見えた本当の理由は、2つあります。

 

「理由1」

ふだん、わたしがテニス選手を見るのは、テニスの大会中です。試合のプレー中がいちばん長いでしょうか。女性テニス選手は、試合中に、お化粧をしません。するのかもしれませんが、薄いです。また、日焼け止めも塗るかもしれません。

つまり、普段見る女子のテニス選手の顔は、ノーメイクに近いと、わたくしは思っています。

(これに気付いたのは、杉山愛さんが、引退後、テレビ出演していて、やけに美人になったなあ、って思って、導き出されたのが、この理屈です)

で、炎の体育会TVに出ていたときの伊達公子さんは、メイク室で、プロのメイクアップの人にメイクをしてもらったはず。とってもナチュラルメイクだけれど、かわいく見えるように。このメイクさんはさすがでした。

余談ですが、伊達さんの前髪もおりていたことも、かわいさにプラスアルファされていたのかも、って思っています。

 

 

「理由2」

これがいちばんの理由と断言します。それは、離婚です。

伊達公子さんは、クルム伊達公子から、伊達公子に戻りました。離婚したからなのですが、この離婚が、神経質の彼女のモヤモヤをだいぶ晴らしてくれたのでしょう。

「独身」になった伊達公子。素地が、かわいい、独身のシングルプレーヤーに戻ったオンナ伊達公子。抱えていた「重し」がとれて、かわいくなったのです。

かわいく見えたのです。実際に、かなり、かわいいです。

 

わたくしは、クルム伊達公子は嫌いですけれど、伊達公子は好きです。

 

その理由は、、、内緒です。

 

ジャムボ鶴犬