読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャムボ鶴犬

ご自由にどうぞ チーズを召し上がれ

プロレスのことをコンテンツ とか失礼だよ

プロレス

また、プロレスのことを書きますね。

(まだ、藤波と長州の結論書いてないけれど)

 

プロレスリング・ノアが身売りしたことは

先日書きました。身売りしたノアや買った会社は

「事業譲渡」とかいうことばを用いています。

 

やっぱり、プロレスファンの間で、今でも

アレコレと書いたり、書かれたり、つぶやいたりされています。

あの、ホリエモンも、つぶやいたそうです。

 

で、ファンの間にも、ノアファン、アンチノアファン、どうでもいいプロレスファン

など、色々いるわけですよ。

 

いっちばん、アタマにきたのは、ファンだかマスコミだかプロレス系ライターだか

忘れてしまいましたが

プロレスリング・ノアというコンテンツがどーの」とか書いてるんです。

 

プロレス団体を、プロレスラー同士の戦いを、軽々しく

 

「コンテンツ」とか言うな!

 

そりゃ、わたしも、プロレスのプレステとか死ぬほどやりましたよ。

文字通り、やりすぎて、死ぬんじゃないかと思うくらい面白かったので。

でも、ソレは、テレビゲームのことでね。

 

人間が肉体をかけて、戦っているんですよ!

 

それに対して「コンテンツ」だなんて、よくもいえるなあ

って、アッタマきてます!!

 

プロレスラー側(会社、団体、レスラー)が言うなら仕方ないけれど

リングで受け身をとったことがないモンが、コンテンツとか言うと

もう、ものすごく怒りを覚えます。

 

長州力は、どう思っているのでしょう?

 

こんど聞いてみますね(うそ)