ジャムボ鶴犬

ご自由にどうぞ チーズを召し上がれ

今年の新日本プロレス G1クライマックス の結果をまだ知りません

今日は、8月14日です。

昨日の13日、両国国技館で、新日本プロレスリングの真夏の祭典

G1クライマックス」優勝者決定戦(決勝戦)が行なわれたはずです。

が、わたたしは、その結果をまだ仕入れていません。

この情報化社会の中で、これは自分でもすごいと思っています。

と同時に、世界陸上の日本勢の結果や、もうすぐ行なわれる

男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権の松山英樹選手の最新情報や

プロ野球巨人で、偉業を達成した選手がいることは知っています。

 

松山選手以外のことは、とくに積極的に知りたかったわけでもないのですが

どうしても、耳に、目に、入ってきてしまうんですね。

あと、甲子園の夏の高校野球のことも。知りたくも興味もないんですが

どうしても情報は入ってきます。

 

でも、プロレスのG1クライマックスの優勝者が誰なのかは

耳にも目にもしません。

(決勝の対戦カードは、知っていますけれど)

 

いくらここ最近の新日本プロレスがものすごい人気があろうとチケットが売れようと

グッズが売れようと、年間売り上げが右肩上がりであろうと、試合内容が充実していようと世間一般的には、

 

プロレスの結果なんて、どうでもいい

 

ものなんでしょうね。

 

べつに、それは悪いことではないと、思っています。

 

プロレスというのは、そういうマイナーなもの、マニアだけのものでいい

と、思っています。

 

ウサンくさくて、暑苦しくて、イケメンがいたり、流血したりしながら

マニアと専門誌と個人のウェブサイトとかで盛り上がっていればいいと思います。

 

文藝春秋Number とかで、プロレス特集をやるのはよいと思いますけれどね。

同じ出版社の週刊文春なんかは、不倫とか扱っていて、なんだかなあ、と思いますけど

プロレスラーで不倫してないレスラーなんていないのに週刊文春は扱わない。

それでいいと思いますね。

 

アントニオ猪木が、そのむかし、世間の目をプロレスに向かせたいために

色々考えたり、悔しかったらしいですけど(環状線の論理)。

 

さあ、ツイッター見たら、さすがにわかるのでしょうか。

 

ツイッターなど見ないで、いつまで、G1の優勝者が誰だかわからない記録でも

つくって見ようかしら?

 

ちなみに、新日本のG1決勝の前日、準決勝が行なわれて、両国国技館はチケット完売だったんですが

同じ日、プロレスリング・ノアの興行も、横浜で行なわれて、超満員札止めだったそうです。

 

すごいね、ノアもね。

 

 

 

前田日明のコトナのような言い分は 屁理屈 だし小さいよ UWF と ユニバーサルとか

前田日明が、まーたオカシな理屈で文句言ってた。

あんたは、第一次UWF(旧UWF)のことを

「ユニバーサル」

って言ってたかもしれないけど

 

ユニバーサル・レスリング・フェデレーション

が正式なんだろうけど、当時からマスコミやファンやアンタ自身だって

UWFのことをUWFって言ったことないんですか?

あるでしょ?

 

なのに、1984年は新生じゃないんだから

1984年のUWF っというよび方は誤りで

1984年のユニバーサル か正しいんだ、

みないなクソヘリクツで

柳澤氏にイチャモン。

あいた口が塞がらない、とはこういうこと。

KAMINOGE などからの引用)

 

前田のその理屈で言うと、新生U の設立会見のとき

まさに会見する前田たちのうしろに

「新生UWF 第一回記者会見」

みたいな白い横書きのボードに

「新生」って入ってるのオカシイじゃん?

(って、こんなこと、書いてるわたしも、どうかしてる、って自覚アリマス)

 

そんなことより、柳澤連載以降

格闘技 と プロレス

そっち と そっちじゃないほう

のように、堂々と、平気で使い分けてる

当時のUWF戦士が、大勢でてきちゃったよね。

 

なんて嘆かわしいことでしょう。

マエダの反論本を待ちましょう。

 

なんだかんだ書いてますけど

前田日明は、ひとりで、UWFを守ってきて

今も、守ってる、って思ってますから。

 

マーエーダッ! マーえ~だ!!

 

KAMINOGE vol.67

KAMINOGE vol.67

 

 

Hi69 の読み方 ノアに入団(専属所属)したプロレスラー

プロフェッショナル・レスラーの Hi69 という選手がいる。

 

Hi69 だ。

 

ハイしっくすないん かと思うとおもうが、それは違って

 

ヒロキ

 

って読む。

 

Hi69のツイッターによると

「この度、プロレスリング・ノアに正式入団」したそうだ。

 

勇気あるな。

 

ハイロクジューク

 

ジャムボ鶴犬

 

リングアナもいなくなった プロレスリング・ノア 大川リングアナ

わたしは、プロレスリング・ノアのテレビ中継を見ていました。
そんなに見たくなかったけれど、少し見たかったから。
久しぶりに、見ました、NOAHのテレビ放送を。
もちろんCS放送です、そうです、有料です。

 

見ていたら、リングアナウンサーが見たことも、聞いたこともない人
でした。

 

ノアのリングアナウンサー(以下、リングアナ)と言えば。
仲田龍さんです。だって、NOAHを創った男のひとりですし。
まあ、旗揚げから数年間の、ノアの調子が良いときだけですが。
龍さんのリングアナデビューは、ジャイアント馬場全日本プロレスでしたし。

 

難波さんという人もノアのリングアナもいましたね。
骨折したり、道路でタバコ吸ったりしていましたが
実直そうな人柄で、ファンからは信頼されていました。
いつのまにかノアからいなくなってしまいましたけれど。
わたしも、あまり好きではなかったなあ、この人のコールは。

 

で、大川正也さんというリングアナが
ここ数年、ずっとノアのメインリングアナウンサーでした。


声質は、明らかに、リングアナ向きではないのですが
ソツなくこなしていた印象がありますね。

東日本大震災のチャリティーで「ALL TOGETHER」
っていう大きなプロレスの大会が
日本武道館であったんですね、震災があった2011年の8月に。

チャリティーなんですけど、
「プロレス夢のオールスター戦」復活、みたいにも言われてました。

新日本、全日本、ノアと、メジャー団体(と言われてた)
3つの団体が主に主役の座を分け合っていたというか。

それで、このチャリティープロレスの開催は
それぞれメジャー3団体のリングアナウンサーが3人いっしょに
リングに上がって始まりました。
それはそれは盛り上がったのですが、ノアからは、大川正也リングアナが出てました。

これで、わたしは、ノアのメインリングアナは大川さんなんだな、って
ハッキリと確信したんです。とっくに確信はありましたけど。

声の質は相変わらず、ダメでしたが、色々、司会進行的なことが上手でした。
リングアナは、選手をコールするだけではなく、その日の興行の形態によって
司会とかアドリブが必要な場合があるのですが、アドリブは上手でしたね。

でもなーんか、心の底から尊敬できない人ではあったんです。
わたしでも、ノアにも尊敬できる人いますよ、レスラー以外で。

例えばレフェリーの西永秀一さんとかね。


でも、大川リングアナは、どうもダメでしたね、わたしには。
何かイヤなことをされた、とかではないんですけど。


そしたら。

今年の、というかつい最近だと思いますが
大川リングアナは、ノアを辞めていました。
この人のツイッターも昨年12月以降、更新されていないみたいです。


職業選択の自由がありますから、大川正也さんが
ノアを辞めて
なんと、新日本プロレスへ転職した(かもしれないです)。


なんだかんだあっても、新日本とノアは、長年、つながっていたそうです。
そういえば、鈴木軍とかいう軍がノアマットにあがっていた頃は
ノアの興行なのに、新日本のスタッフをよくみました。

が、ノアは破産して、新しいオーナー体制になったときに
新日本との関係は「解消された」って言われてます。

それはそれで、べつに構わないのですが、リングアナウンサーも
ノアを捨てて、よそへ行ってしまった。
このままノアに残っても、、、って思ったのでしょうか。

多分、そうなのでしょうね。

それ、正解だと思いますね、わたしはね。

だって、今、ノアの最高峰をあらわす、GHCヘビー級王者って
佐々木健介が育てた、中嶋勝彦ですよ。
いい選手かもしれないけど、団体の象徴を背負ってたてるレスラーではないですよ。
中嶋勝彦の防衛戦、見てご覧なさいよ、そこのアンタ。
チーズ食べながらでもいいので。

チャンピオンが入場しても、キラキラと輝いてないんですよ。
キラキラしてないから、オーラがない、オーラがないから
ファンがワクワクしないんです。「ふーん」って感じなんですね。

せっかく防衛しても、インタビューは全然ダメだし、マイクでの挨拶も
まるっきりだし、棚橋選手みたいに、リングの外のファンにベルトを
触らせてあげるサービスでも、ほとんどのファンは、喜んでいない。
中嶋勝彦が、かわいそうだから、触ってあげる、みたいな人もいる。

今、NOAHは、そういう団体なんです。

だから、大川さんが、ノアを辞めて正解だ、って言いたいんですよわたしは。

辞めたんじゃなく、ノア側から「辞めてくれ」とか「契約を更新しない」とか
「クビだ」って言われたかもしれないですが、それはない、と確信します。

だって、他のスタッフが、具体名を出さないものの、「やめていったやつら」
って、ののしっているのですから。

さあ、これからが、本当の戦いです。企業戦争です。

業界最大手の、新日本プロレス。それに追いつくか、追い抜くか、くたばるのか
プロレスリング・ノアノア・グローバルエンタテインメント)。

見ものです。

箱舟、沈むかしら。

 

 

ノアの悲劇 (別冊宝島)

ノアの悲劇 (別冊宝島)

 

 

それはないですね。

 

 

 

 

 

 

三沢光晴がいた ディファ有明

わたしが、もう一度行きたい場所は、タイトルおとおりです。

でも、無理なんです。

 

ディファ有明には、もう、ノアの事務所も、道場もない。

ディファ有明じたいも、来年で閉鎖。

もうこの時点で無理なんだけど

究極的なところでは

三沢光晴さんじたいがもうこの世にいないのだから

無理なんです。

 

何もかも、夢のようだったなあ。

 

お題「もう一度行きたい場所は?」