読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャムボ鶴犬

ご自由にどうぞ チーズを召し上がれ

長州力が見られなくなってツライ チーターの「DO YOU?サタデー」

長州力は、プロレスラーです。

 

元プロレスラー? いや、現役復帰をしたので

元プロレスラーではなく、プロレスラーでいいのか。

 

長州力は、日本人のあいだで知名度も高いし、人気もありますよね。

「フジナミは知らないけど、チョーシューは知っている」

という人も多いと思われます。

プロレスをやってる人(やってた人)というのも知ってるけど

生とかテレビとかで、長州のプロレスの試合は見たことがない

という人も、かなり多いでしょう。

 

そういう意味では、わたしは幸せかもしれません。

だって、ナマで長州の試合を見たことが何回もあるのですから。

テレビをとおして見た回数のほうが圧倒的に多いですけどね。

チーズとか食べながらみたり、コーラを飲みながらとか。

ビールを飲みながら長州のプロレスを見たことはないですけど。

 

えーと。

長州力が、土曜日に、レギュラー出演していたテレビ番組があったのよ。

 

水前寺清子さん(チーター)が司会で、お昼から、BSでね。

「DO YOU?サタデー」っていうの。

「土曜」と「DO YOU」と「土用の丑の日」をひっかけていたんでしょうけど。

(「土用の丑の日」はウソです)

 

チーターが元気でね。ハリキッってましたね。

長州力は、背広姿で出てましたね。背広? スーツ? ま、どっちでもいいじゃん。

しゅっちゅう咳をしてましたが、次長さんとか課長さんとかと楽しそうにしてました

長州は。

少なくとも、画面ごしには、楽しそうに見えましたよ。

 

土曜日の真昼間に、チーターとか長州の姿を生中継で見たいと思いますか?

わたしは見たいと思わなかったので、そんなに積極的には見なかったですけど

いざ、番組が終わってしまって見られなくなると

寂しい

という思いがわいてきていますね。

 

チーターは、今も、同じ土曜の同じ時間帯で同じ放送局で、別の番組があって

土曜の昼にチーターにはまだ会えるみたいですが、長州力には会えない。

 

これは、ことさら、悲しむべきことでもないですけどね。

でも、やっぱり、悲しいかな。

 

どうしてでしょう?

長州をことさら好きではないわたしが、なんでこんな感情になるんでしょう。

 

ひとつだけ言えることは。

長州の全盛期や、長州が新日本の現場監督をやっていた頃

土曜のお昼に、長州が水前寺清子さんと、そのー、バラエティーのような情報番組的な

テレビ番組に出演するなんて、誰も想像していなかったでしょうね。

 

そういう意味では、この番組のブッカー、あ、ブッカーじゃなくて

プロデューサーって、スゴイと思いますね。

 

長州は、前言撤回を平気でする人だし、それを悪いとも1ミリも思わない人なので

いつまた土曜のお昼に背広の長州力が見られるか、わからないですし

吉田のことですから、BSではなく、地上波進出も考えているかもしれませんね。

でも、「生放送」は、キツそうだったなあ。

 

さようなら 長州力

 

 

青空 (MEG-CD)

青空 (MEG-CD)

 

 チーターの「青空」っていう歌、ご存知?

CDとか音楽のみだと、この楽曲の魅力半減ですよ。

チーターがこの歌を本息(ホンイキ)で歌う姿を見たことがある人は幸せですよ。

 

 

プロレスのノアの公式サイトがリニューアル(スマホ対応?)したらしい

プロレスリング・ノア(NOAH)の、公式サイトを久しぶりに訪問してみました。

アレ? なんか変わってる!

 

デザインというか、雰囲気というか、以前と全然違ってる!

 

スマートフォンスマホ)で、美しく見られるようにしたんだと思います。

さすが、親会社が IT企業(でしたっけ?)。

 

今は、みんなスマホ持ってるから、いずれ、スマホ対応にしないといかんじゃろ

って思ってたし、当然でしょう。

 

でもね。

 

おっせーよ! 

 

スマホ対応にするの、遅すぎますね。

 

そりゃ、かなり大変なのでしょうけれど。

パソコンでも見られるし、スマホでも、キチンと見えるようにするのは。

 

なにがIT企業やねん。(前田日明ふう)

 

親会社変わって、本社も移転したんだったら、そのタイミングでやりなさいよ。

(色々あって、それどこじゃなかったんでしょうけれど)

 

いま、5月ですけど、4月には、変わってたらしいですね。

 

わたしも、公式サイト見てなかったし、ノアに興味もなかったってことですね。

 

とか書きながらも

マイバッハ谷口

のことは、後日、書きたいと思います。

 

それが #丸藤スタイル

 

 

 

 

ブラックタイガーマスクなんてレスラーいないよ

 

Gスピリッツ Vol.41 (タツミムック)

Gスピリッツ Vol.41 (タツミムック)

 

 ま、いいんじゃないですか。

f:id:jumbo_sportsmania:20170414232337p:plain

 

そうですかねえ。わたしはよくないと思いますけれどねえ。

 

 

 でも、プロ野球巨人が、「みんなでアフロ」とかいう、ふざけた企画でボロクソに負けてるので、ブラックタイガーマスクでもいいと思うよ。

 

プロ野球ジャイアンツと、プロレスのブラックタイガーってなんか関係あるの?

 

巨人軍の歌-闘魂こめて-

巨人軍の歌-闘魂こめて-

 

 まあ、強引に結びつけるとすると、巨人の球団歌は「闘魂こめて」でしょ?

ブラックタイガーがさいしょに日本のリングに上がったのは新日本でしょ。

その新日本プロレスを創ったのは、アントニオ古賀でしょ?

 

ギターの世界

ギターの世界

 

 

f:id:jumbo_sportsmania:20170414233409p:plain

f:id:jumbo_sportsmania:20170414233413p:plain

 

 

アントニオ猪木 21世紀ヴァージョン 炎のファイター~INOKI BOM-BA-YE~

アントニオ猪木 21世紀ヴァージョン 炎のファイター~INOKI BOM-BA-YE~

 

 

この↑「炎のファイター」って、「ファイッ」入ってんの?

 

f:id:jumbo_sportsmania:20170414233752p:plain

 

入ってると思うよ。

 

プロレス ノアの潮崎豪 もったいない

イケメンプロレスラーの潮崎豪。(「イケメンすぎる」とは言わない)

 

今、中途半端な感じ。

 

もったいないですねえ。

 

シングルのタイトルマッチに挑戦しても

小さいチャンピオンに負けてしまうし。

 

かつての小橋建太の付き人。潮崎は小橋より小さいけど

ノアはチビっちゃいのばっかりだから

ノアの中では潮崎はヘビー級。

 

ほかにヘビー級名乗ってる選手は、実際はジュニアヘビー。

 

よって、ノアのヘビー級は、無差別級と言うべきですね。

 

で、潮崎豪ですが。イケメンで、カッコいいけど、プロレス脳ミソ

が足りないですね。

小橋みたいに1日中プロレスのことを考えてるような人にならないと。

(とかいって小橋も恋愛はしてたので、1日中プロレスなわけないんだけど)

 

いかんせん、ノアに潮崎を売り出す体力がない。

潮崎自身も、出戻りだからなのか遠慮してる感じかしら。

 

ノアのファンも、潮崎を心底応援できないでいる。

だって裏切り者が戻ってきた、って感覚がどうしてもぬぐいきれない。

 

だいたい、ノアのファンって何人いるの?

5000人もいないんじゃないでしょうか?

 

潮崎が爆発的人気レスラーになるには、秘策が必要。

 

わたしは、その秘策が何か、知っています。

 

でも、教えません。

 

ジャムボ鶴犬

 

 

 

 

高田 キャメルクラッチ ラクダ固め 船木 柳澤 中井の間違い

キャメルクラッチは、痛いですよ。

 

キャメルクラッチは、やられる相手の協力

(どうぞキャメルクラッチをかけてください的な)

が、なくても、キャメルくクラッチをかけるのが上手なレスラーは

しかけられますよ。

 

アキレス腱固めは、UWFの概念が出現するずっと前から

「プロレス」のリングでレスラーがレスラーに仕掛けていましたね。

 

アントニオ猪木なんて、上田馬之助に、ダブルアキレス腱固め(両足を両手で極める)

を仕掛けていたし

クラッシュギャルズ誕生前に、全日本女子プロレスのリングでも

ジャンボ堀なんかが得意技にしていました。

 

でも、必殺技ではなかったのですが。

 

で。

UWFなる概念が日本に登場して、一見地味だし、つなぎ技のような関節技が

必殺技とか極め技、つまりフィニッシュホールドになりました。

 

代表的な技は、アキレス腱固めでしょうね。

 

ヒザ十字固めとか、チキンウィングフェイスロックとか、アームロックとかも

そうかな。

 

で、UWFがブームのとき、キャメルクラッチを出すUWFのレスラーなんて

いなかったです。

ロメロスペシャル(吊り天井固め)や、コブラツイスト卍固め

当然のようにいませんでした。

 

しかし、高田は、船木から掌底打ち(掌打)を食らって、フラフラになりながら

強引に、キャメルクラッチを極めました。

船木の首を思い切り引っ張って、ここで離すと一生勝てない、かのように。

キャメルクラッチをかけられた船木も、すごく苦しそうで、つらそうで

あのギブアップには、もう、ものすごい説得力がありました。ありすぎました。

 

だから、中井は間違ってると思います。

 

ジャムボ鶴犬

 

VTJ前夜の中井祐樹

VTJ前夜の中井祐樹