ジャムボ鶴犬

ご自由にどうぞ チーズを召し上がれ

リングアナもいなくなった プロレスリング・ノア 大川リングアナ

わたしは、プロレスリング・ノアのテレビ中継を見ていました。
そんなに見たくなかったけれど、少し見たかったから。
久しぶりに、見ました、NOAHのテレビ放送を。
もちろんCS放送です、そうです、有料です。

 

見ていたら、リングアナウンサーが見たことも、聞いたこともない人
でした。

 

ノアのリングアナウンサー(以下、リングアナ)と言えば。
仲田龍さんです。だって、NOAHを創った男のひとりですし。
まあ、旗揚げから数年間の、ノアの調子が良いときだけですが。
龍さんのリングアナデビューは、ジャイアント馬場全日本プロレスでしたし。

 

難波さんという人もノアのリングアナにいましたね。
骨折したり、道路でタバコ吸ったりしていましたが
実直そうな人柄で、ファンからは信頼されていました。
いつのまにかノアからいなくなってしまいましたけれど。
わたしも、あまり好きではなかったなあ、この人のコールは。

 

で、大川正也さんというリングアナが
ここ数年、ずっとノアのメインリングアナウンサーでした。


声質は、明らかに、リングアナ向きではないのですが
ソツなくこなしていた印象がありますね。

東日本大震災のチャリティーで「ALL TOGETHER」
っていう大きなプロレスの大会が
日本武道館であったんですね、震災があった2011年の8月に。

チャリティーなんですけど、
「プロレス夢のオールスター戦」復活、みたいにも言われてました。

新日本、全日本、ノアと、メジャー団体(と言われてた)
3つの団体が主に主役の座を分け合っていたというか。

それで、このチャリティープロレスの開催は
それぞれメジャー3団体のリングアナウンサーが3人いっしょに
リングに上がって始まりました。
それはそれは盛り上がったのですが、ノアからは、大川正也リングアナが出てました。

これで、わたしは、ノアのメインリングアナは大川さんなんだな、って
ハッキリと確信したんです。とっくに確信はありましたけど。

声の質は相変わらず、ダメでしたが、色々、司会進行的なことが上手でした。
リングアナは、選手をコールするだけではなく、その日の興行の形態によって
司会とかアドリブが必要な場合があるのですが、アドリブは上手でしたね。

でもなーんか、心の底から尊敬できない人ではあったんです。
わたしでも、ノアにも尊敬できる人いますよ、レスラー以外で。

例えばレフェリーの西永秀一さんとかね。


でも、大川リングアナは、どうもダメでしたね、わたしには。
何かイヤなことをされた、とかではないんですけど。


そしたら。

今年の、というかつい最近だと思いますが
大川リングアナは、ノアを辞めていました。
この人のツイッターも昨年12月以降、更新されていないみたいです。


職業選択の自由がありますから、大川正也さんが
ノアを辞めて
なんと、新日本プロレスへ転職した(かもしれないです)。


なんだかんだあっても、新日本とノアは、長年、つながっていたそうです。
そういえば、鈴木軍とかいう軍がノアマットにあがっていた頃は
ノアの興行なのに、新日本のスタッフをよくみました。

が、ノアは破産して、新しいオーナー体制になったときに
新日本との関係は「解消された」って言われてます。

それはそれで、べつに構わないのですが、リングアナウンサーも
ノアを捨てて、よそへ行ってしまった。
このままノアに残っても、、、って思ったのでしょうか。

多分、そうなのでしょうね。

それ、正解だと思いますね、わたしはね。

だって、今、ノアの最高峰をあらわす、GHCヘビー級王者って
佐々木健介が育てた、中嶋勝彦ですよ。
いい選手かもしれないけど、団体の象徴を背負ってたてるレスラーではないですよ。
中嶋勝彦の防衛戦、見てご覧なさいよ、そこのアンタ。
チーズ食べながらでもいいので。

チャンピオンが入場しても、キラキラと輝いてないんですよ。
キラキラしてないから、オーラがない、オーラがないから
ファンがワクワクしないんです。「ふーん」って感じなんですね。

せっかく防衛しても、インタビューは全然ダメだし、マイクでの挨拶も
まるっきりだし、棚橋選手みたいに、リングの外のファンにベルトを
触らせてあげるサービスでも、ほとんどのファンは、喜んでいない。
中嶋勝彦が、かわいそうだから、触ってあげる、みたいな人もいる。

今、NOAHは、そういう団体なんです。

だから、大川さんが、ノアを辞めて正解だ、って言いたいんですよわたしは。

辞めたんじゃなく、ノア側から「辞めてくれ」とか「契約を更新しない」とか
「クビだ」って言われたかもしれないですが、それはない、と確信します。

だって、他のスタッフが、具体名を出さないものの、「やめていったやつら」
って、ののしっているのですから。

さあ、これからが、本当の戦いです。企業戦争です。

業界最大手の、新日本プロレス。それに追いつくか、追い抜くか、くたばるのか
プロレスリング・ノアノア・グローバルエンタテインメント)。

見ものです。

箱舟、沈むかしら。

 

 

ノアの悲劇 (別冊宝島)

ノアの悲劇 (別冊宝島)

 

 

それはないですね。