読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャムボ鶴犬

ご自由にどうぞ チーズを召し上がれ

プロレス ノア、破産 泉田純 死亡 呪われ続けるNOAHの方舟

泉田純さんという、元プロレスリング・ノアのレスラーが亡くなったそうです。

この報道の前日か、前々日に、ノアが破産だとかのニュースも。この破産の報道は、東スポとかネットニュースだけではなく

一般の新聞の朝刊でも報じられました(スポーツ・運動面ではなく)。

 

誰がどう見てもノアにとってマイナスイメージな破産のニュースのすぐあとに

元所属選手の死去。これは偶然なのでしょうか? 永源遥さんも亡くなってまだ間もないのに。

この負の連鎖は、一体何なの? って嘆き悲しみたくなります。

 

ところで、亡くなった泉田純さん。

この選手はリングネームをしばしば変える人で、訃報を知ったとき、わたしは

泉田純より、泉田純至(いずみだじゅんじ)のほうが、耳に馴染みついていて、純だけだと

何か入れ忘れてる感覚がしてスワリが悪かったのですがね。

 

仲田龍さんという、リングアナウンサーで、三沢光晴とともに「NOAHを創った男」とよばれた人がいて、龍さんが試合前に、マイクで選手コールするときのことを思い浮かべましたら

「イズミダァー ジュンジー」だと全然しっくりこなくて

「ぅイズミダー ジュッ ウー」ってこっちのほうが耳に残ってるので

やっぱり、泉田純さんなのかな、って思いましたけれど。

 

それにしても。。。

2000年のプロレスリング・ノア旗揚げ時のメンバー、亡くなりすぎです。

悲劇や病気や謎の死や事件性のない死、高齢にともなう死など色々ですけれど。

 

三沢光晴の死亡。リングの上で技を食らって

悲劇的な戦死をしました。大黒柱を失ったのです。

時系列はゴチャゴチャですが、三沢さんの他には

ラッシャー木村ジョー樋口永源遥、リングアナウンサーの仲田龍、泉田純。

旗揚げメンバーでもなく日本の選手ではないけれどバイソン・スミスとか。

 

亡くなってはいないけれど、旗揚げの記者会見の時にいたレスラーで、ノアを退団したり、契約更新してもらえなかったり、謎の辞め方をしたりと、ほんと今のノアで、良いところを探すほうが難しいです。

 

泉田さんが亡くなった、仲田龍さんも、永源さんも、三沢さんもいない。

詐欺事件と言われた、いまわしきあの「クー事件」の内情を直接知っている人が次々といなくなります。。。

 

嬉しいですか? トレジャーアイランド

 

ノアは、破産前に「事業譲渡」したので

今後も興行は続くのですが。

 

もう、プロレスリング・ノアって名乗らないほうがよいのでは、ないでしょうか?

(すでに運営会社はプロレスリング・ノアではないことは、知っていますよ)

 

本当に、呪われたノア、呪われているとしか言いようがないNOAH。

 

東京ドームで2回の興行をして、2回とも

その中から年間ベストバウトも出した(いずれも小橋建太がらみの試合ですねれど、その小橋も癌を患い、また、全身怪我だらけ)

かつて日本一人気があったプロレス団体ノア。

 

次の悲劇が起る前に、なんとかして欲しいものです。

 

個人的には、ノアというブランドや、知名度は残しながらツアーを周りたいのでしょうが

もう、ノアの名前は捨てたほうがいいんじゃないかな、って思えてきます。

 

それでも、わたしはチーズ食べたりしながら、これからもプロレスについてブログを更新するのかなあ

 

 

愛妻からみた素顔の三沢光晴―LAST BUMP

愛妻からみた素顔の三沢光晴―LAST BUMP