読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャムボ鶴犬

ご自由にどうぞ チーズを召し上がれ

前田は出てこず 髙田の「泣き虫」で完結 柳澤健「1984年のUWF」

柳澤健氏が1年にわたり、スポーツグラフィック・ナンバーで連載してきた

「1984年のUWF」が、終わってしまいましたね。

1年間、本当に楽しみでしたし、楽しかったです。

柳澤健さんや、Number編集部の人々には感謝です。

 

感謝なんですが、最終回は、迫力にかけましたね。インパクトがありませんでした。

柳澤氏なら、もっと出来るはず、って勝手に期待し過ぎたのかも。

だって、冒頭から、髙田延彦の「泣き虫」の引用がかなりあって、途中には、ヒクソン・グレイシーの著書の引用も。

最終的に「PRIDE プライド」誕生へと結び付けたかったのでしょうが、初めて知るようなことは記されてなかったでね。

 

何度も書きますが、ここで、「泣き虫」を登場させて、どーすんだよ! って思っちゃいましたね。

もはや、1984年のUWFでも何でもないですし。

懐かしいな、とは思いましたけどね。

 

プロレスファンあがりの、最近売れっ子ライター兼編集者の語りも載っていますね。MMA系格闘技からプロレスまで何でも書けたり、インタビューもしたりする、マルチなライター編集者ですが

前田日明がイチバン嫌う「プロレスファンあがり」ですし、わたしに言わせると

「あんたに何がわかんのじゃ」って感じで。

UFCなり、鈴木みのるなり、ミスター高橋本なり、昭和40年男、今日食べた食べ物の写真撮ってりゃいいんじゃよチミは」とか思っちゃいました。

 

柳澤健さんは、この連載で、プロレスはショーであり、UWFもプロレスなのでショーだ

って、なんべんも書いてますけどね。

 

UWF(ユニバーサル)時代に、UWFマットの上で観客の前で、バーリトゥードの試合

行われてますから。

バーリトゥードですよ。MMAではないですよ。(チーズ調べ)

 

恐らく柳澤氏はこのこと知ってるはず。

だけど前座とか無名選手同士の試合なので

なかったこと、にしたかったのでしょう。

 

単行本化も間もなくですね。

まえがき あとがき が楽しみです。

 

前田よ、お前、いつまで黙ってるんだよ。

噛みつかないのか?

プライドってもんがあるなら、週プロ元編集長にデコピンなんてしてないで

オモテに出て来い、コノヤロー!

お前、ボロカスに書かれたんだぞ

 

柳澤氏も、前田日明の反撃を待っていることでしょう。

 

わたしは、前田の反論や言い訳を聞かないと

死ねません