読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャムボ鶴犬

ご自由にどうぞ チーズを召し上がれ

顎クイ を知りましんでした

プロレス

も、なんて読むのかもわからなかったんです。

 

壁ドンは、テレビ番組でしばしばあがる現代用語なので知ってましたけれど。

 

で、顎 を アゴ と読むのを先ほど知りまして

あごくい

って、読むのですね。

 

イケメンが、壁ドンをしたあと、女子のアゴを触り、顔ごと、クイっとさせることを

顎クイ

と言うのでしょう?

 

だってさっき、動画サイトを見ましたので。

男性タレント同士でしたけれど。

 

流行語なのでさょうか。

 

神 とか シオ とか はてブ

などのように。

 

なんで顎クイにひっかかったかというと

あるプロレスラーが試合中に、顎クイをするらしいのです。

そのプロレスラーは、背が低いですが、日本のプロレスラーの中ではイケメンの部類に入ると思います。

ちなみに「あいのり」にでていた「レスラー」とは別人ですよ。

 

スポーツ選手とかアスリートは、みな運動神経がバツグンだと思うのですが

その顎クイレスラーは、プロレスラーの中でも天才的な運動神経の持ち主だとわたしは思っています。

ただ最近その人の試合をテレビでも会場でも見ていないので

どういう流れで、どのように

顎クイ

をしているのかわかりませんし

顎クイ が、「待ってました」的に有名な動作なのか

数少ない観客しか気づいていないのか、そのへんがわかりません。

 

ただ、ハッキリ言えるのは

本人は顎クイをしている自覚はあるそうですよ。

男が男に、しかも戦ってるときに顎クイしてどーすんだ、って思わなくもないですが

そのうち、色々わかってくるでしょう。

 

(なんだ、色々って)

 

今週は、あまりチーズを食べてないので

食べたいです。