読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャムボ鶴犬

ご自由にどうぞ チーズを召し上がれ

からかい半分から始まったジャンボ鶴田の「オー!」

プロレス

今でも、日本人最強レスラーは誰か?

っていう話題が挙がります、プロレスマニアのあいだで。

 

「最強」の概念とかそういうことからはじめなくてはいけないので、大変なのですが

プロレスオタクは、そんなこと微塵も大変なんて思いません。わたしも、そのひとり。

 

その時々で色んなレスラーの名前が挙がるのですが、必ず毎回出てくるのが

ジャンボ鶴田」です。

 

無尽蔵なスタミナ

練習量も人並み以下なのに強い

キレたら間違いなく最強

実は女性にすごくモテた

ギターをもってコンサートやっちゃう

 

とにかく、ジャンボ鶴田を語らせたら、みんな言いたいことが次から次へと出てきます。

 

マスカラスあたりとやってた時は、最強とかそんなに言われてなかったし

ジャンボのファイトスタイルが、そのー

余裕がありすぎに見えて、プロレスファンに熱狂的な鶴田信者っていなかったんです。

感情移入しづらいレスラーでした。

 

試合終盤に、客席に向かって

「んおー」みたいなアッピールするんです。

「次に得意技出すぞ」とか「反撃するぞ」みたいな感じで。

あ、違うな、ジャンピングニーを見舞ったあとかな。とにかく必ず、オーってやるんです。

その「ンおぉー」が無感情というか、シゴトとして、おー、って叫んでるだけで

猪木のナックルパートの前に見せる、歌舞伎役者の「見得をきる」のとは正反対で、沸かないんです、あまり。猪木の「見得」は沸くんですが。

そこが新日本と全日本の違いとも言えるのですけれど。

 

とにかくジャンボ鶴田が「おー」って叫んでも、「ああ、そうですか」みたいな反応をするか、シカトするしかなかったんです、当時は。

 

ところが。

ある日の全日本プロレスの試合で、客席の一部のファンがジャンボの試合中

ちょっと茶化し気味に

「おー」ってやってみたんです、ジャンボがそうするように、腕をあげながら。

ハッキリ言ってものまねです。試合中にそのレスラーのモノマネをするんです、それもジャンボに向かって。

今までそんなことをするファンはいなかったので、まわりのファンも最初はとまどいました。でも、そのファンは、茶化し的なマネをやめません。

周囲のファンも少しずつ面白くなってきてしまって、笑いが起こりました。ジャンボは気づいていたと思いますが、気づかないような顔で試合を続けてました。

やがて、お決まりの「んおぉー」の場面がやって来ます。試合のフィニッシュが近いとわかります。

ジャンボ鶴田はいつものように

「おぉぉぉー」って言いました。

すると、いつもは、静かな客席が、ものすぐく沸いたのです。

単なるオーなのに、この日のオーは待ちに待ったジャンボの「オー」でした。

もうその「オー」で拍手喝采です。

 

それから、何年後かなあ。

 

ジャンボ鶴田最強説、ジャンボ余裕で最強説を誰もが語るようになってまして

ジャンボのタイツも黒に変わって

入場テーマも変わって

ジャンボ鶴田自身のファイトスタイルも

 

ふつうバージョン

余裕バージョン

流血バージョン

けいれんバージョン

怒るときもあるバージョン

たまにキレてみせるバージョン

 

 

とか広がっていたころの、ジャンボ鶴田

「オー!」

で、茶化すような笑いは皆無になりました。

 

全日本最強で、もしかしたら日本人最強で

もしかしたら世界最強かもしれないジャンボ鶴田に対し、尊敬と誇りをもった

「オー!」に変わっていたのです。

 

いちばんの思い出の、ジャンボのオーは

日本武道館三沢光晴にリベンジ圧勝した試合後のオーかなあ。

コーナーポストに乗って、四方のファンと

「オー!」の大合唱。

 

ジャンボ鶴田、忘れません。

 

ジャムボ鶴犬