ジャムボ鶴犬

ご自由にどうぞ チーズを召し上がれ

「プロレスファンを卒業する」という解釈について

プロレス  卒業 で、ググってみたら

こじはる、とかがたくさん出てきます。

わたくしは、何のことかもわからないし、興味もないので

クリックしていません。

 

ところで、熱狂的なプロレスファンが

プロレス観戦しに会場に行くことをやめたり

テレビ中継を見るのをやめたり、プロレス専門誌を買わなくなったり

とにかく、プロレスというものから、だんだん、もしくはキレイさっぱり

興味がなくなることを

「プロレスを卒業する」と、いうそうです。

 

いうそうです、て、今、書きましたが、わたしは、プロレスを卒業したことがないので

よくわからないのです。

 

 

こういう人がいました。

数年前、小橋建太という、超人気プロレスラーが、日本武道館引退試合のプロレス興行(正確には、「現役引退記念試合」の興行)を行ないました。

当日はあいにくの雨でしたが、雨なんか関係なく、超満員札止めになりました。

当然です。小橋は、客をよべるプロレスラーだからです。

 

この、小橋の引退を機に、プロレスから離れていった人を、わたくしは少なくとも

2人知っています。

で、その2人とも、自ら「これで、プロレス卒業だ」みたいなことを言っていました。

 

卒業って、つかい勝手がよい熟語なのでしょうか。

 

あのテニスの松岡修造さんも、現役ツアープロから撤退するとき

「引退じゃなくて、卒業です」みたいに言っていました。

「引退」って言ってしまうと、大仁田厚とか、長州力とか、テリー・ファンクとか

橋本真也とか、船木誠勝(船木優治)とか、長与千種とか、ジャガー横田とか

木戸修とか、長州力とか、長州力とか、長州力とか、長州力とかみたいに

上にあげた全員ではないですけど

「引退」っていっておいて、引退興行でしこたまおカネ儲けしたのに

カムバックしてきて、一部のファンは、「だまされた」と思って怒るワケです。

 

松岡修造は卒業って言いましたが、伊達公子は引退したので、カムバックは少し

いや、かなり残念でしたけれど。

 

えーと、プロレスのファンをやめることを、プロレスから卒業、のファンのハナシでした。

 

まあ、その本人がそう言ってるので、プロレスを卒業する、っていうのでしょうけれど

わたくしには、どうしても、その感覚がわかりませぬ。

 

「卒業」とかいわないで、「興味がなくなった」「飽きた」「みなくなった」とかでいいじゃないか、と。

 

「プロレスを卒業」とか言って、さわやかな感じを残してるんじゃねーよ、って、思っちゃいます。

 

また、ハナシがずれますが、「卒業」といえば、「斉藤由貴」。斉藤由貴といえば

「斉藤さんちのお客様」。斉藤さんちのお客様といえば、前田日明ですね。

 

これがわかったあなたは、プロレスファンです。

 

自伝小橋建太 悔いは、ない
 

 この本、ちっともおもしろくなかったです。

 

 

今週のお題「卒業」

プロレスリング・ノア 破産? 事業譲渡? 身売り? 「経営悪化は、三沢光晴が死去してから」という報道の大きなウソ

プロレスリング・ノアは、ブランドの名前として残っているのでしょうか?

なんか、身売りとか、事業譲渡とか、そういうビジネスのカラクリか何か

詳しいことは、わかりませんけど

いま現在、プロレスのノアを運営している会社は

 

ノア・グローバルエンタテインメント 株式会社

 

です。

 

つまり、こういうことかしら?

 

身売り騒動が出る前までは、

ノアは、株式会社プロレスリング・ノア という企業が

プロレス団体を運営したり、興行を主催したり、興行権をプロモーターに

買ってもらったりしていたけれど

 

「事業譲渡」をしたので(=身売りをしたので?)

その、運営は、ナントカっていうIT企業に移って

でも

株式会社プロレスリング・ノア

という企業は残っていたんだけど

借金まみれで破産した、って、帝国データバンクが発表したの?

 

もう、こういう記事をブログで書かせないで欲しい。

だって、わたくしは、アタマがよろしくないので、株式とか、譲渡とか身売りとか

破産とか、よくわかりませんもの。

 

で、ここからが、本題です。

 

ノアは、三沢光晴が亡くなって以降、経営が悪化した」という報道を目にしますけど

そんなの大ウソです。大きなウソです。

 

ノアは、三沢光晴が存命で、リングに上がって、戦っていたとき、すでに経営は悪化していました。

こう言い切れるのは、日本武道館大会のチケットが売れなくて、大量の招待券が出回っていたから。当時のプロレスファンの間では有名な話です。

そう、yfc です。

武道館で、yfc の招待券の列に並んで、開場と同時に列が動きだし

実券(指定席券)と交換し、キレイな(三沢が好みそうな)お姉さんの前を通過し

そのまま、武道館に入るのです。

いちど招待券の「味」をしってしまうと、正規の値段の指定席券を買わなくなります。

だって、1枚、何千円もだして買うのがバカバカしいので。

 

バカバカしいのは、招待券で入場した人だけではなく、正規の指定席券を買った人たちも同じ。

例えば、2階指定(実質的には3階)の、前のほうの指定席が1枚5000円だとして

その列から、たった2列後ろ以降は、ほとんど招待券の連中だって知ると

もう、おカネだしてノアの指定席買うのが、アホくさ、ってなりますでしょう?

 

ノアのコアなファンは、「これは絶対」っていうときは、指定席をおカネだして買うんです。

例えば、小橋建太の、癌からの復帰戦とかね。

 

そういう時、yfcの招待券は、なかなか手に入らないし、招待券がネットオークションに出回って、高値がつきます。でも、招待券は、「絶対に指定席に交換できる」という

ホショウはないので、ドキドキしたことでしょうね、招待券の列に並んでいた人たちは。

 

招待券のはなしだけじゃなく。地上波テレビ放送の撤退です。

三沢光晴が生きていたときに、すでに、日本テレビの地上波放送の打ち切りが

決定し、実際、打ち切られたのです。

 

日曜の深夜(実質・月曜)の、30分くらい、なんとかしてくれてもいいじゃん

日テレなんだし、って思ったものですが、そんなに甘くないんですね。

その最後の地上波放送の、最後の最後に画面に映っていたのが潮崎豪選手です。

 

ノアが頼んだのか、日テレがそう決めたのか知りませんが、ノアは、潮崎豪

託されたのです。

実際、三沢光晴の最後のパートナーは、潮崎豪でした。

 

しかし、数年後、潮崎はノアを離れます。潮崎はノアやめます。

潮崎はノア離脱します。潮崎はノア退団します。潮崎はノアとの契約を満了し

契約に違反しないで、フリーランスの身になります。

 

ただし、潮崎1人で、ではなく、先輩や仲間レスラー数人と、です。

(しかし、そのまた数年後、潮崎はノアに、のこのこと、復帰します、1人で)

 

三沢光晴が生きていた頃から、経営は悪化してたよ、っていうことを書きたかったこの記事ですが、三沢が生きていたら、潮崎らの離脱はなかったでしょうね。

 

三沢の死去。

潮崎や、秋山準らの人気レスラーの退団と、小橋建太の引退とか、KENTAの退団。

たび重なる、暴露本の発売。。。

 

これで、ノア信者、ノアオタク(通称:ノアヲタ)は、ノアの会場に足を運ばなくなりました。

日本武道館でも興行を打てなくなりました。東京ドームなんて、無理に決まっている。

 

イケメンでハンサムな潮崎が復帰したり、正式所属選手に返り咲いても

ノアヲタは、戻ってきません。

 

こないだの大会の入場者数は、161人ですよ。161人。そりゃ、ハコが、180人規模のホールなら、驚きませんけれど。

あそこ、定員何人なんでしょう? 海峡メッセ下関って。

 

えーと、整理するのが面倒なので、大雑把にまとめます。

 

「強引にチーズまとめ」

 

プロレスノアの経営が悪化したのは、三沢が亡くなって以降という報道は、真実ではない。

(そういう記事を書くスポーツ新聞の記者は

現場でまじめに働いてないか、取材していないか、が、よーくわかります)

 

だけど、三沢が生きていたら、こんなにヒドく、嘆き悲しむ団体にはなっていなかった。

だって、三沢光晴は、すごい人だから。

(敬称略)

 

 

 ジャムボ鶴犬

Number PLUS プロレスに殉じた男 三沢光晴

Number PLUS プロレスに殉じた男 三沢光晴

 

 

わたしに触らないで!!

わたしは、電車に乗ります。乗ることが多いです。多いといっても、ひとさまよりは

少ないかもしれませんが。

 

わたくしは、スマートフォンを持っています。でも、電車内では、ほとんど

スマホを使用しません。

理由は、ケチだからかしら。

 

パケットを使用したくないんです。ワイファイですか? Wi-Fi? 

そういうことは、よくわからないのです。

 

あと、目がチカチカするんです。ただでさえ、ふだんテレビを見たり

キンピカの街を歩いたりしているので、目が疲れます。

 

電車の中くらい、目をやすめたいですし、何かを読むなら、紙でできた

本や雑誌を読みたいです。

 

わたくしは、おもに、首都圏で生活していますが、電車の中で、地下鉄の中で

スマートフォンを操作している人が、ものすごーく多いです。

 

その昔、友人が、こう言っていました。

「他人に迷惑かけなければ、何をやってもいい」と。

 

だから、電車の中で、スマホを操作してもいいです。

 

でもね。

 

テトリスみたいなスマホのゲームするのもいいけど、その操作する腕

わたしに触れてるんですけど。

あなたは、テトリスに夢中だから気づかないのかもしれませんが

わたしは、不定期に触れる そのあなたの腕が、とっても不快 です。

不愉快です。

 

 

10年後に

「何して遊んでた? むかし?」 って会話を、誰かとだれかがするとすると

「電車の中で、スマホでゲームしてたよ。懐かしいなあ。

今は、スマホなんて化石だよなあ。よくあんなもん持ってたよ。

今、青りんごフォーンを、耳たぶに埋め込むだけでいいんだもんな。

オレは、右の耳たぶだけどさ」

 

とか、言ってなさい。

 

今週のお題「何して遊んだ?」

プロレス ノア、破産 泉田純 死亡 呪われ続けるNOAHの方舟

泉田純さんという、元プロレスリング・ノアのレスラーが亡くなったそうです。

この報道の前日か、前々日に、ノアが破産だとかのニュースも。この破産の報道は、東スポとかネットニュースだけではなく

一般の新聞の朝刊でも報じられました(スポーツ・運動面ではなく)。

 

誰がどう見てもノアにとってマイナスイメージな破産のニュースのすぐあとに

元所属選手の死去。これは偶然なのでしょうか? 永源遥さんも亡くなってまだ間もないのに。

この負の連鎖は、一体何なの? って嘆き悲しみたくなります。

 

ところで、亡くなった泉田純さん。

この選手はリングネームをしばしば変える人で、訃報を知ったとき、わたしは

泉田純より、泉田純至(いずみだじゅんじ)のほうが、耳に馴染みついていて、純だけだと

何か入れ忘れてる感覚がしてスワリが悪かったのですがね。

 

仲田龍さんという、リングアナウンサーで、三沢光晴とともに「NOAHを創った男」とよばれた人がいて、龍さんが試合前に、マイクで選手コールするときのことを思い浮かべましたら

「イズミダァー ジュンジー」だと全然しっくりこなくて

「ぅイズミダー ジュッ ウー」ってこっちのほうが耳に残ってるので

やっぱり、泉田純さんなのかな、って思いましたけれど。

 

それにしても。。。

2000年のプロレスリング・ノア旗揚げ時のメンバー、亡くなりすぎです。

悲劇や病気や謎の死や事件性のない死、高齢にともなう死など色々ですけれど。

 

三沢光晴の死亡。リングの上で技を食らって

悲劇的な戦死をしました。大黒柱を失ったのです。

時系列はゴチャゴチャですが、三沢さんの他には

ラッシャー木村ジョー樋口永源遥、リングアナウンサーの仲田龍、泉田純。

旗揚げメンバーでもなく日本の選手ではないけれどバイソン・スミスとか。

 

亡くなってはいないけれど、旗揚げの記者会見の時にいたレスラーで、ノアを退団したり、契約更新してもらえなかったり、謎の辞め方をしたりと、ほんと今のノアで、良いところを探すほうが難しいです。

 

泉田さんが亡くなった、仲田龍さんも、永源さんも、三沢さんもいない。

詐欺事件と言われた、いまわしきあの「クー事件」の内情を直接知っている人が次々といなくなります。。。

 

嬉しいですか? トレジャーアイランド

 

ノアは、破産前に「事業譲渡」したので

今後も興行は続くのですが。

 

もう、プロレスリング・ノアって名乗らないほうがよいのでは、ないでしょうか?

(すでに運営会社はプロレスリング・ノアではないことは、知っていますよ)

 

本当に、呪われたノア、呪われているとしか言いようがないNOAH。

 

東京ドームで2回の興行をして、2回とも

その中から年間ベストバウトも出した(いずれも小橋建太がらみの試合ですねれど、その小橋も癌を患い、また、全身怪我だらけ)

かつて日本一人気があったプロレス団体ノア。

 

次の悲劇が起る前に、なんとかして欲しいものです。

 

個人的には、ノアというブランドや、知名度は残しながらツアーを周りたいのでしょうが

もう、ノアの名前は捨てたほうがいいんじゃないかな、って思えてきます。

 

それでも、わたしはチーズ食べたりしながら、これからもプロレスについてブログを更新するのかなあ

 

 

愛妻からみた素顔の三沢光晴―LAST BUMP

愛妻からみた素顔の三沢光晴―LAST BUMP

 

 

かわいい 伊達公子・・・・春がきて君は、かわいくなった

テニス選手の伊達公子さんが、かわいいです。美人でもあるのでしょうけれど

かわいいです。かわいかったです。かわいらしかったです。

 

先月の地上波テレビの「炎の体育会TV」という番組に出演していました、伊達選手が。

離婚したこともインターネットの文字で知ったし、その後、動いている伊達公子さんの顔や姿を、しばらく見ていませんでした。

 

ですから、炎の体育会TVで、久しぶりに見ました、伊達公子さんの動いてる姿や

顔や声を。(声は「見る」ではなく「聞く」ですけれど)

 

久しぶりに伊達さんのお顔を見たら、「かわいい」って思ってしまいました。

年齢から考えても、若返ったように見えました。

記憶では、ピンク系の色のウェアを着ていました。それも影響して、かわいさが倍増して見えたのかもしれません。

さらに男性の出演者に囲まれていたので(しかも、みんな一流アスリートばかり)、なんていうのでしょう。そのー、女子のホルモン? フェロモン? が出ていて、それがテレビ画面越しに伝わってきて、かわいらしく見えたのかもしれません。

 

でも、それらは、伊達さんがかわいく見えた本当の理由ではありません。サブ的な理由にすぎません。

断言しちゃいます。

 

かわいく見えた本当の理由は、2つあります。

 

「理由1」

ふだん、わたしがテニス選手を見るのは、テニスの大会中です。試合のプレー中がいちばん長いでしょうか。女性テニス選手は、試合中に、お化粧をしません。するのかもしれませんが、薄いです。また、日焼け止めも塗るかもしれません。

つまり、普段見る女子のテニス選手の顔は、ノーメイクに近いと、わたくしは思っています。

(これに気付いたのは、杉山愛さんが、引退後、テレビ出演していて、やけに美人になったなあ、って思って、導き出されたのが、この理屈です)

で、炎の体育会TVに出ていたときの伊達公子さんは、メイク室で、プロのメイクアップの人にメイクをしてもらったはず。とってもナチュラルメイクだけれど、かわいく見えるように。このメイクさんはさすがでした。

余談ですが、伊達さんの前髪もおりていたことも、かわいさにプラスアルファされていたのかも、って思っています。

 

 

「理由2」

これがいちばんの理由と断言します。それは、離婚です。

伊達公子さんは、クルム伊達公子から、伊達公子に戻りました。離婚したからなのですが、この離婚が、神経質の彼女のモヤモヤをだいぶ晴らしてくれたのでしょう。

「独身」になった伊達公子。素地が、かわいい、独身のシングルプレーヤーに戻ったオンナ伊達公子。抱えていた「重し」がとれて、かわいくなったのです。

かわいく見えたのです。実際に、かなり、かわいいです。

 

わたくしは、クルム伊達公子は嫌いですけれど、伊達公子は好きです。

 

その理由は、、、内緒です。

 

ジャムボ鶴犬